未経験の私がインテリアコーディネーター資格試験に1発合格した方法

こんにちは、momoです。年に一度のインテリアコーディネーター資格試験に挑戦するにあたり不安に感じている方も多いかと思います。私も非常に不安で、何度も挫折しそうになりました。。
そんな皆さんの不安を少しでも解消できるよう、未経験の私が1発で合格した勉強方法をご紹介しますので参考にして頂ければと思います!
私はU-CANを活用していましたが、1次試験はとにかく暗記なので、独学で取り組んでいる方にも参考になるかと思います。

⒈勉強時間について
1次試験は毎年10月に実施されますが、1次試験対策期間の目安としては
・じっくり学習したい人:1月から学習を開始し、10か月間
・標準的な学習期間の人:3月から学習を開始し、8か月間
・速習プランで学習の人:5月から学習を開始し、6か月間
合格者の中にはそれよりも短い学習期間の方もいますが、確実に一発合格を目指すなら最低半年の勉強は必要かと思います。

そんな中、私はどうだったかというと・・・
1月に通信講座の資料が家に届いたものの、仕事が忙しいことを理由に5月まで放置しました(笑)「速習プランでも5月の頭にはスタートしていなければならないのに、もう間に合わないじゃん。辞めようかなー」と思ったのですが、お金勿体無いしやるか!!と結局スイッチが入ったのは 5月の末でした・・・

2.勉強方法について〜テキスト&問題集編〜
勉強を始めてみたものの、未経験で知識も無かったため全く頭に入らない!!分からない言葉ばかりだし、すぐ眠くなる!
ということで、平日は出社前の朝1時間と、土日3時間は勉強すると心に決め、1章読むたびに、そこに該当する問題をテキストを見ながら解くことを繰り返し、なんとか12日間で【テキスト1冊読む+問題集1冊を終了】させました。

もう一冊テキストがあるので、同様に二冊目のテキスト&問題集も着手。しかし2冊目が難しく想像より少々長く(約1か月半)かかったものの、7月中旬には2冊目も終わらせました。
テキストを読んでいて全然頭に入らない所は飛ばして、最後にまとめて取り組みました(笑)ちなみに、1周目は殆ど記憶には残っていなかったと思います。

そこから問題集2周目に突入!!今度はテキストを見ずに問題を解く→分からない問題は、解答に関する部分全体も一緒に読む(答えだけを探しに行かない)。
この方法で問題集2冊分を8月下旬に終わらせました。この時点では、テキストがないと全然答えられない&不安なとこも沢山ありましたが、なんとなく全体像は掴めてきたように思います。

3.勉強方法について〜添削課題〜
U-CANでは、1次試験対策用の添削課題が全7回分あります。本来はテキスト半分終わるごとに、問題を解いて提出するのですが、時間がない上全く分からなかったので終わってから復習として取り組もう!と思っていました。(皆さんは出来る限り余裕を持って、着実に提出していくのが良いかと思います。)

添削課題1回につき約40問ほどマークシートで解答していくのですが、問題集2周もしたのに分からない問題も多くあり、もうダメかも・・・と結構なショックを受けました。。しかし、分からない問題や解答に迷った問題は、添削課題の問題集にチェックをつけ、その場でテキストを読み、理解するようにしました。

その際まとめノートを作る余裕もなかったので、U-CANの教材の一つ「まるごと覚える!1次試験の重要ポイント集」に分からなかった部分を書き込んでいく形で、なんちゃってまとめノートを作りました。でも、これが後から非常に役に立った・・・独学で取り組んでいる方も、このテキストに+αで書き込んでいけば問題ないと思うのでオススメです!

相変わらず仕事が忙しく上手く時間の確保ができなかったので、添削課題は毎日昼休みも使って取り組むようにし、一次試験の終了課題(第7回)のみ残し、第1回〜6回までを約1週間で取り組みました。辛かった・・・

3.勉強方法について〜過去問題集〜
さて9月に入り、過去問をひとつも解いてないことに非常に焦りを感じていましたが付属の直近4年間分の過去問題集に取り組んでみました。
が、どの回も270点前後/400点満点しか取れませんでした。合格のボーダーラインは70〜75%と言われているので、68%の私は絶対に不合格。本当に受かるのか絶望的になった瞬間でした。。
過去問は色々なジャンルから幅広く、かつ深い知識も出題されるので動揺しましたが、確実に取れるものを確実に取っていけば80%は取れる!と考え直し、基礎の徹底を意識して取り組みました。1回目は間違えた問題だけではなく正解した問題も、解答を丁寧に読み分からない単語や何だっけ?と思うものが出てきたらテキストで調べる+まとめノートに追記することを繰り返し行いました。最後に間違えた問題だけ再度解き直し、解答を読みながら理解できているかを再確認するようにしました。

4年分の過去問を行うと、同じ問題も出てくるようになり「そうだそうだ」と思えるものも少しずつ出てきました。1周目が終わったのは、9月末。不安と葛藤しながら「あと2週間の使い方で合否が分かれる!」と心を鬼にし、2周目も同様に行ったところ、370点前後/400点満点(92%)まで成長!!2回目に間違えたところは、自分の苦手なところなので、丁寧に復習をするよう意識しました。